会長挨拶

岩見沢市町会連合会 会長 千葉 修

 各町会、町内会、自治会会員の皆様には、日々ご健勝で住みよい地域づくりを目指し、日々ご活躍のことと存じ上げます。

 皆様には、日頃より町連の運営並びに事業推進に対しまして、温かいご理解とご協力を賜っておりますことに心からお礼を申し上げます。

 平成30年6月4日にされた臨時総会におきまして、私が会長に選出されました。もとよりその器ではありませんが、役員皆様のご協力をいただき、岩見沢市町会連合会50年の歴史の重みを感じながら、残りの任期を誠心誠意努めてまいる決意でございます。

 各町会長、町内会長、自治会長様をはじめ会員皆様の温かいご支援ご協力を、心からお願い申し上げます。

 これからの町連の運営にあたりましては、4月の定期総会においてご提案をし、ご協議のうえ決定いただきました活動方針、重点事項にもとづき事業計画の執行をしてまいります。具体的内容についてはその都度、三役部長会議、役員会(常任理事会)等において協議を行い実行に移してまいりますので、積極的なご参加を含めてよろしくお願い申し上げます。

 急速な少子高齢化・人口減少など様々な課題があり、それに伴い多様化する市民ニーズに対応するため、岩見沢市では市政の基本方針として市の「まちづくりの道しるべ」となる「岩見沢市総合計画」が10ヶ年計画でスタートしています。町連では岩見沢市民にとって最も身近な住民組織として「市民主体による協働の地域づくり」を目指して岩見沢市、岩見沢市社会福祉協議会をはじめとする関係機関・関係諸団体と連携を図ってまいります。

 住んで良かった地域づくりを目指し「一歩一歩」歩んでまいりたいと考えていますので、皆様方の絶大なるご協力ご支援頂けますようお願いし、ご挨拶といたします。